育毛剤と発毛剤って同じじゃないのって 思ってる方は多いと

思いますので 詳しく解説致します!

 

 

目次

医薬品と医薬部外品と化粧品について

発毛剤とは!?

育毛剤とは!?

ミノキシジルとは

まとめ

医薬品と医薬部外品と化粧品

まずはこれらの違いをご説明しますね。

いろいろな商品が売られていますが これらはどれも 薬事法 医薬品 医薬部外品 化粧品 という表記がされています。

これらは 効果 効能 により分類され 明確に分かれています。

 

医薬品 

厚生労働省より有効成分の効果が 治療を目的とした薬として認められたものです!

ドラッグストアでは 薬剤師さんの説明があったりチェックが入ったり 医師による指導のもと 処方されるものですね。

 

医薬部外品

厚生労働省が治療というよりは 防止 衛生 を目的に 効能に有効な成分が 一定の濃度で配合されていると認められたものです。

よく 薬用〜とか書いてあるのは医薬品ではなく医薬部外品に分類されます。

 

化粧品

医薬品や医薬部外品よりも効能 効果が緩和で一定の濃度に達していないと判断された場合は すべて化粧品というくくりになります。

なので 健やかに保つ 魅力を増す 清潔にするなどの目的の商品と分けられるのです。

発毛剤

 

先程説明しましたが 発毛剤は医薬品に分類されます❗️
発毛を促進する有効成分を配合した毛を生やすためのヘアケア製品となります。
発毛剤と言っていいのは 日本で唯一 厚生労働省が認可している (髪を生やす成分)ミノキシジルが 配合されている物の事なのです。

発毛剤の効果は
•血行を促進させ 細胞に栄養を行き渡らせ 発毛を促進する
•毛根を活性化させ 新しい髪の生成を促す
•今ある毛を丈夫に強くする
•脱毛予防(毛を抜けにくくする)
などになります❗️

先程言いました ミノキシジルは発毛剤のみ配合が認められていて育毛剤には配合されていません。

しかし この発毛剤 発毛効果が高い分副作用があります。(個人差がある)

副作用としては
•頭皮のかゆみやかぶれ
•頭痛や動悸 抗うつ感
•むくみ

などが発表されていますが これらには 個人差がありますので なんともない人やちょっと感じる人など さまざまです。
使用する場合は充分に説明書きや塗布する量を間違えないようにして下さい!

育毛剤

 

育毛剤は医薬部外品になります。
育毛剤の効果はあくまで 発毛 促進の効果 と言う事に定義されるので 発毛剤よりは 効果は低いといえます。

しかし頭皮環境を整えて血行を促進し 新しい毛の土壌作りということでは期待可能なのです。

副作用もほとんどが無く 人によっては かゆみやかぶれも見受けられる場合があるという事もあります。

発毛剤と比べると効果は低くはなりますが 安全に安心して使えるというメリットがあるという訳です。

ミノキシジル

 

もともとミノキシジルとは 高血圧の患者に投与する降圧剤として開発されたのですが服用した患者さんが毛が生えた 濃くなったという症状から発見されたのです。
そこで アメリカで研究され 外用薬として ロゲインという発毛剤が生まれました!

日本では ロゲインよりも薄くした配合で リアップが誕生し その後5%までミノキシジル配合商品が日本で認められてリアップ×5という物が出来ました!

アメリカでは 7% 15% 16%という高濃度なロゲインが売られているのですが 日本では5%配合までしか厚生省が認めていないのです。

まとめ

 

発毛剤と育毛剤の違いはご理解頂けましたか⁉️

お互いに似ているものなのですが 発毛剤の方が効果は上ということになりますね。

 

しかし ミノキシジルにしても効果が出ているのは認められているのですが 効果があるほど副作用が出てしまうというデメリットも避けられません。

すべて個人差がありますので 何にもない人も当然います!

しかし ミノキシジルを配合した発毛剤は産後の女性妊婦さんは絶対に使用しないようにしてくださいね❗️❗️

 

あくまでも 発毛剤は男性に向いているものだと言えます!

ドラッグストアで育毛剤 発毛剤を探すときは 必ず薬剤師さんがいるお店で 詳しく成分など聞いて選ぶようにしましょう。