産後の抜け毛対策には いろいろあると思いますが まずは女性ホルモンを補う 食べ物が大切になりますので 詳しく 解説していきたいと思います!

 

 

女性ホルモンと髪やお肌の関係とは!?

女性ホルモンは エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

 

エストロゲン

女性らしい体づくりをするホルモンで肌 髪の新陳代謝を促してハリ・ツヤを生み出してくれます!

 

プロゲステロン

体温を上げたり 妊娠の継続をサポートし 女性の体を守ってくれるホルモンです。 また 栄養 水分を蓄えて代謝を遅らせたり 皮脂の分泌を活発にしたりもします!

 

この二つのホルモンがバランスをとりながら からだを育て守ってくれているので 女性にとって どちらも欠かせないのです。

 

そこで 髪とお肌には  エストロゲンの働きが大きく関係しているので     エストロゲンが増えると 髪が生えて~拔ける周期のヘアサイクルを整えて毛の成長期が長くなり 髪の毛の1本1本がしっかりとした毛に育ちます!

逆にエストロゲンが減ってバランスが崩れると 髪がパサついたり 1本1本が細くなってボリュームがなくなってきたり 薄毛(抜け毛)という症状に繋がりやすくなります。

ほかにエストロゲンの働きは 血流改善や免疫力の強化にも活躍していると言われています。

このように女性ホルモンのエストロゲンは髪の育毛やお肌のハリとツヤに大きく関わっているのです(๑╹ω╹๑ )

大豆イソフラボン

 

出産後には この女性ホルモンが急激に量が少なくなるので 産後の抜け毛に関係していると言われています!

それと 女性は40歳を過ぎてくると 女性ホルモンを作り出すことが少しずつ減ってくるので 更年期障害という症状が出てきます。

そのくらいから 抜け毛が増えたり毛が細くなってきたりして髪のボリュームが少しずつ無くなってきます。

そこで出産後のママや更年期に近づいてこられた女性は エストロゲンを増やすことで 抜け毛対策や薄毛対策になるのです!

 

女性ホルモン エストロゲンと似た働きをするのが

大豆イソフラボンという成分で大豆からとれるものなのです❗️

この大豆イソフラボンは エストロゲンの不足を補って 細胞にダメージを与える(活性酸素)の働きを抑えてくれる優れものと言われています。

大豆イソフラボンを多く含む食べ物

大豆製品に含まれるものですが 多く含まれるものからご紹介します。

みなさんご存知の豆乳ですね。いろいろある大豆製品のなかで ダントツに多くイソフラボンが含まれています!

豆乳は大豆オリゴ糖の働きで腸内の環境を整えてくれるので便通が良くなり お肌にも良いのです(๑╹ω╹๑ )

豆乳には血中のコレステロールを下げ 血行が良くなるので 母乳の量も増え 母乳の質も高まるそうです❗️

豆乳は比較的にお手軽に摂取できるので 毎日欠かさず飲んでいけると思います。

 

次は 豆乳とほぼ同じくらいのイソフラボンは、、、

 

やはり 納豆ですね!

納豆には血液サラサラ効果もありますし毎日食べれるものなので1日3食の中で1食は食べたいものです。

しかし しかし 納豆が苦手 嫌いっていう方もいらっしゃると思いますが どうにかお料理を工夫されて 味を変えたりネバネバを抑えたりして 納豆を使ってるけど 全くわからないレシピなど 工夫してみてくださいね!

🍽納豆料理レシピ

 

その次にイソフラボンが多く含むのは お豆腐油揚げになります。

 

 

 

その次は 大豆煮やきな粉になります。

そしてもちろん お味噌にも 含まれますが 以外に納豆 豆乳よりもイソフラボン量は 少ないです。

こうやって見ると やはり和食の食事になりますので 毎日 朝ごはんか晩ごはんに食べると良いですね!

 

⁉️他にも必要な栄養素とは

まとめ

 

産後の抜け毛の第1の原因は女性ホルモンの減少になると思いますが ほかにも ストレスや睡眠不足や栄養のバランスの乱れなどが考えられます!

毎日の大変な育児の中で これらを少しずつ改良していきながら 早く抜け毛を防ぎ 出産前のホルモンのバランスに戻して ストレスフリーな毎日を送れることを願います✨