活性酸素と抜け毛や老化の関係について解説致します!

 

活性酸素とは!?

 

活性酸素という言葉を見ると からだを活性化する酸素だと思う人がいるかもしれませんが 実は からだの不調の原因になっている物質なのです!

 

からだの中の 活性酸素が増えると 生活習慣病の原因になったり 老化(肌にシミ シワ たるみ)などが早まったり 悪さをしてきます。

 

活性酸素が増える原因は 色々ですが 紫外線を浴びすぎることで 細胞が酸化してしまい 細胞の本来の働きを妨げてしまうのです!

 

体内に入った活性酸素の害を防ぐために 体内のチロシンという物質が酸化され メラニン色素になり皮膚のシミの原因になるのです。

 

活性酸素はからだのいろんなところで 発生しているので 少しでも活性酸素を除去するためには 抗酸化力を付けていくしかありません‼️

活性酸素が増えてしまう要因とは!?

 

呼吸で吸い込んだ酸素のうち 2%が活性酸素に変わると言われています!

活性酸素の発生原因は 日常の生活習慣で大量に発生してしまう事もあります。

 

もっとも関係が深い生活習慣はやはり食生活です!
口から入った脂質は 腸で分解されますが 脂質の過剰摂取や腸の不調で 分解しきれなかった脂質は 肝臓で解毒された時に 活性酸素が発生したり 食品添加物などの食品を摂取する事で 大量の活性酸素が生まれるのです。

 

他には 運動も活性酸素の発生に関係しています!

運動不足は 抗酸化酸素の機能を低下させるので活性酸素が増加します。

その他にも 喫煙 ストレス 紫外線など活性酸素を発生する要因の一つになります。

活性酸素が抜け毛や老化に繋がるというのは!?

 

髪の毛を形成しているのは シスチンやメチオニンなど18種類のアミノ酸で構成されています!

 

このアミノ酸の中には 活性酸素を除去する抗酸化物質として機能しているものがあります。 髪を生やすことよりも活性酸素をやっつけるという事を優先してしまい 髪本来の形成がおろそかになり アミノ酸全体のバランスが崩れ 髪の成長を妨げることになっているのです!

 

体内の活性酸素が増加すると 皮膚の老化や内臓機能の低下 血管が衰える事によって引き起こす動脈硬化などがからだの老化に繋がってしまいます。

紫外線による活性酸素の増加では 肌のハリを保つコラーゲンなどを破壊するため シワやたるみに繋がり老化の原因になるのです!

抗酸化作用

 

抗酸化作用とは からだが酸化して錆びるのを防止する作用のことです!

活性酸素はなくてはならないものですが 増えすぎることでからだを酸化させすぎるのでこの抗酸化作用によって食い止めなければならないのです‼️

この抗酸化作用を助けるのが体内で作られる抗酸化物質です。

主に抗酸化ビタミンと言われているビタミンAビタミンC ビタミンE 抗酸化ミネラルと言われている セレン亜鉛ポリフェノールカテキンなども 重要な抗酸化物質になります!

まとめ

 

活性酸素と抜け毛や老化についてまとめてみましたが 健康を維持することが 抜け毛や老化防止に繋がるので 適度な運動やストレス発散や 食生活で改善していきながら 元気でハツラツとした生活が出来るように 生活習慣を見直していきましょう。

 

 

女性ホルモンを活性化する食べ物