出産後 抜け毛が気になるけどカラーも気になるし どのくらいから
美容室に行って良いのって思ってる女性は多いと思います!現役美容師が アドバイスさせていただきます。

まず ヘアカラーと言っても色々な種類や塗るテクニックがありますので わかりやすい言葉でご説明していきたいと思います!

 

 

 

1 ヘアカラー(アルカリカラー)

なるべく専門用語は使わずに わかりやすくご説明しますね!

一般的に皆さんが明るくしたり暗くしたり白髪染めをしているのがアルカリ性 弱アルカリ性のカラーの事です。

これは薬剤を髪の内部に浸透させ メラニン色素を発色させて色を染めていきます。

脱色剤と色素を混ぜて色を作っていくのですが 明るい色ほど 脱色剤が多く色素が少ない調合になり 暗めの色ほど脱色剤が少なくなります! 白髪染めもほぼ同じなのですが色素が白髪を染まりやすく配合されています。

よって明るければ明るいほど脱色剤の量が 多いため ダメージも上がってしまいます。

しかし 施術前に毛先やダメージ部分にタンパク質補給をしたり薬の浸透を抑える前処理をしたりして ダメージを極力軽減することはできます!

 

2 酸性カラー(ヘアーマニキュア)

髪の表面に酸性の薬剤でコーティングし色々な色を表現できます!

白髪もコーティング出来るのでダメージなく色をつける事が出来ます。中に浸透させないのでシャンプーしていくうちに取れていくと言うことになりますがノンダメージですね。

しかしデメリットは 黒髪やダークな色を明るくする事が出来ません。

白髪や明るくなってるところに色を入れることはできるのですが くっきりとした境目があるところはぼかすことができないのです

(境目を暗くしてぼかすことは可能です)

塗るテクニックも地肌には付かないようにギリギリから塗布しますので 敏感肌や抜け毛がある方でも安心してできます!

白髪染めの場合は地肌に付かないように塗るため根元数ミリのところは アルカリカラーに比べて薄っすらになります。

(髪質 毛量 塗る人のテクニックで多少の差があります)

 

3 植物性カラー

 

ボタニカルカラーと言うものやヘナと言うもの あとメーカーによって色々ありますが 植物性の粉末に水 ぬるま湯 コーヒーなどと混ぜて塗布します。

これを塗布し髪の内部に浸透させてハリ コシ をだしながら 色を発色させていきます!

植物性ですのでダメージはほぼありませんが ケミカルな物と混ざっているものもありますのでダメージ0とは言えない所があります。

それと100%植物性であっても人によっては アレルギー反応を起こす植物との相性もありますので 初めての場合は パッチテストをすることをお勧めします!

髪にトリートメント効果がありますが植物性なゆえに明るくする力はなく 色味も明るい色にはならない所がデメリットになります。

ナチュラル志向であまり色にこだわらない方は人気なカラーになりますね!

 4 テクニック

カラーの種類は大きく分けてこの3種類になりますが これらを上手く使ったり 塗り方だったりのテクニックと色の組み合わせでいろいろなデザインが生まれます❗️

一つはウィービング スライシングと言った技術で毛束を一定間隔やランダム間隔にすくって根元ギリギリから塗る技術があります。

このように地肌に薬剤が付かないように塗れば アルカリカラーでも地肌の刺激はありませんし 抜け毛が気になってても頭皮の負担はほとんど無いので プリンになって気になるところをボカすことが出来ます❗️ これは全体にしてありますが 分け目やトップの部分と顔まわりだけに入れても短時間でボカすことが出来ます。

色使いも明るい色とダークな色をミックしてより自然にしたり すくい取った部分以外の毛先にマニキュアや植物性のカラーでダメージレスに馴染ませたり いろいろなデザインが生まれます!

それに根元部分と中間と毛先とにそれぞれ色を変えてグラデーションに馴染ませたり あえて毛先だけピンクやブルーにしたりとアクセントデザインにもなりますよ。

これはほんの一例ですので 他にもいろいろなテクニックとデザインで 気になってるヘアーカラーを綺麗に戻してあげることでストレス解消にもなりますね。

一旦 このように明るくなりすぎたところだけを中間毛先だけ植物性カラーやマニキュアで元の自分の色に戻して リセットしてあげるのも良いかと思います。

 

5 まとめ

出産後 抜け毛が落ち着いてからカラーリングをするのが妥当だと思いますが 先程のいろいろなテクニックと色の組み合わせで頭皮に負担なくボカしたりデザインしたりできますので担当の美容師さんと

相談してご自分にあった自分の好きなカラーリングにする事でストレス解消にもなると思います!

 

あとはこのように地肌にべったり薬剤を塗るような事は頭皮に良く無いのであらかじめ 担当の美容師さんに伝えてくださいね!

今回はごく一部のテクニックをご紹介してますが  頭皮と髪に負担なく 他にもいろいろなデザインがありますので 信頼できる!カラーリングに定評のあるお店でご相談してみて下さいね❗️