ドラッグストアなどでシャンプーを選ぶって いっぱいあり過ぎて 迷いますよね(≧∀≦)

シャンプー選びのポイントを解析させて頂きます❗️

界面活性剤とは!?

 

シャンプーは全てが大半を占め 界面活性剤という洗浄成分と そのほかに  保護成分  シリコン  防腐剤  香料などなどから作られています。

成分表示の中で多く含まれるものから順に書かれています。(シャンプーに限らず全ての商品)

 

界面活性剤とは簡単にご説明すると 水と油は混ざり合わないので その二つを混じり合わせ 洗浄できる成分にするものなのです。ですので シャンプーだけに限らず ボディソープや洗顔 その他色んな物に使われています。

 

その界面活性剤が何かによって 頭皮や髪に負担をかけるのか ソフトに洗われるのかにかかってくるのです❗️

 

石けん系界面活性剤

 

原料があれこれ入ってなく シンプルな洗浄力でさっぱりした洗い上がりになり 髪本来のハリ コシが戻ります!
しかしすすぐ時に きしみが出たり ダメージのある髪やカラー毛 パーマヘアには 合わないことが多いです。

皮脂が多くベタつきやすい頭皮の人には最適と言えます。

あとボリュームが出にくい ペシャンコになる髪質の人にも合うと言えます!

 

よく使われている成分表示は

ラウリン酸Na
オレイン酸Na
ステアリン酸Na

などなどです!

アミノ酸系

髪の主成分はタンパク質なのですがそれを構成するのがアミノ酸なのです❗️
アミノ酸系の洗浄成分は洗浄力がマイルドで頭皮と髪に優しい洗い上がりになります。
必要以上の油分を落とし過ぎないので 乾燥肌 敏感肌 ダメージ毛に適していると言えます❗️

成分表示としてはいろいろあり過ぎますが

 

ココイルグルタミン酸
コカミドDEA
コカミドプロベタイン
ラウロイルメチルアラニンNa
ラウリルベタイン

 

他にもありますが 覚えにくいので
ココイル〜
ラウロイ〜
コカミド〜

と認識しておけば良いと思います!

 

アミノ酸系のデメリットは 製造コストや原価コストが高いため 他のシャンプーより価格が高くなります。

 

ここで注意してください❗️
最近は 少量のアミノ酸を配合して アミノ酸シャンプーとうたっているものもありますので成分表示で確認するのは 非常に大切なポイントです。

しかし いろいろ上げた成分を覚えるのは大変なので 薬剤師さんがいるドラッグストアで薬剤師さんに この商品の成分はどうなのか⁉️

と聞いて判断してくださいね!
石鹸系  アミノ酸系  高級アルコール系という事だけ知っていれば 説明を理解し易くなると思います。

高級アルコール系  石油系

 

洗浄力の強さ 価格の安さから市販のシャンプーのほとんどに使われている界面活性剤です!
高級と書いてありますが 値段が高いという訳ではないのです。

泡立ちが良く洗浄力も強いので 科学的に合成した成分と混ぜ合わせてすすぎのきしみ感を和らげているものも多いと思います!成分表示でもっとも気を付けて頂きたいのが

 

ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na

主にこの二つの成分が占めています!

これらは タンパク質の変性作用もありますので なるべく入ってないものを 選んでください❗️

しかし ラウレスも4 カルボン酸ナトリウム酢酸ナトリウムは弱酸性で できた成分なので マイルドで洗浄力も弱く刺激も強くありません。

少し似てますので お間違いのないように(^ ^)

 

まとめ

成分表示を書き出していくと 覚えられないし わかんなくなるって事になりますよねー😅

しかし ボディソープや洗顔石鹸や歯磨き粉にいたるまで すべてに共通する事なので ポイントになる成分だけでも メモに書いて 買い物に行った時にでも見てくださいね🖐

 

あ😅😅😅

今はスマホに入れとけば良いのか💦💦💦

昭和ですみません🙏

オススメのシャンプーとは!?